憧れのヒゲ脱毛に手を出した菜食主義者のサイト

憧れのヒゲ脱毛に手を出した菜食主義者のサイト

仕事をスムーズに運ぶためヒゲ脱毛をすることに

社会人として、営業の仕事につかせてもらっています。

 

営業の仕事はやはり見た目が第一。

 

髪をしっかりと整えて、シワのないスーツを着て、ネクタイを締める。

 

ビジネスバッグや靴にも気を使い、腕時計や使用するボールペンにも気をくばっています。

 

清潔感が大事なので、ヒゲも朝きちんと剃ってから出社して営業に向かっています。

 

しかし、僕はヒゲが生えてくるのが早くて、朝剃ったヒゲが昼過ぎから夕方にかけてすぐに目立ってきてしまいます。

 

ヒゲ剃りを普段から持ち歩き、移動時間で隙間をみつけてもう一度剃るという毎日を過ごしてきました。

 

体質的なこともありそうしてきたのですが、やはりこれでは要領が良くありません。

 

仕事のスムーズさにも影響が出てきてしまいますのでどうにかしたいと思っていました。

 

そこで以前から頭の片隅に置いてあったメンズエステでのヒゲ脱毛をしてみることを決意したのです。

 

ネットで様々なクリニックを検索して、仕事帰りにも通えるように職場から一番近い男性美容外科をチョイス。

 

予約をしてから後日、メンズエステへ赴きヒゲ脱毛のカウンセリングを受けることになりました。

笑気麻酔で痛みをあまり感じずにヒゲ脱毛ができた

先生によると僕のヒゲの状態は、一本一本は決してそこまで太くはないのですが、ヒゲの密度が結構こくて肌がそこまで強くないのでカミソリ負けですぐに肌が荒れてしまうとのこと。

 

ニキビもできやすいので、髭剃りの際には傷つけてしまったりするのもよくないそうです。

 

脱毛方法はレーザー脱毛で月1回のペースでクリニックへ通うことになりました。

 

鼻の下は痛みを強く感じる人もいるらしく大事を取り、笑気麻酔というものしてもらうことに。

 

笑気麻酔のおかげなのか痛みは感じるものの、強い痛みということではなくなんとか乗り切ることは可能な痛みでした。

 

今の現状としては口周りを3回、顔全体を1回、後は部分的な脱毛を2回やっていて、ヒゲの状態はかなり薄くなっていて、はえている範囲に相当な変化が見られるようになってきました。

 

以前は、半日立ってしまったら朝方に剃ったヒゲがあんなにもすぐ目立ってきてしまっていたのに、今では朝の状態とほぼ変わらない状態にまでなってきました。

 

あと3回ほど通う予定になっているのですが、おそらくそれで十分な結果が得られると期待しています。

 

悩みが無くなって来たことで営業に行く時のメンタルが非常に晴れやかになり、人との接し方が軽快になっていくのが自分でも感じられて、仕事の面でもいい影響が出始めています。

 

難波 ヒゲ脱毛

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ